投稿

評価を捨ててみる。

評価をすてることが、最大の効果をえます。

朝の朝礼で「健康について」スピーチするとしましょう。

スピーチを言葉・文章で考える組立マンは、評価が基準になる。
そして評価されたい人は、よく見られたい。よく思われたいという気持ちで話します。
思いを表現しよう!と自分の思いに捉えてスピーチするポイントマンは、評価をすてて効果をとります。
よく見られなくてもいいんだ。よく思われなくてもいい。人に伝えたい思いをしっかり持って気持ちで話します。

評価が基準の組立マンはエネルギーが内に向いて、声も内に向いて、頭で考えて口が動いているだけの単独スピーチになるので内容は伝わってきますが感動のないスピーチになるかもしれません。

伝えるという効果を基準に発想するポイントマンは、声も外に向いて、エネルギーも外に向いて人とつながる共有スピーチになるので、人が聞いてよくわかるということ、人に伝わるということ、効果があるということ。話終わった後にどんな効果があったか、どんな成果があったか、どんな効果となって結果がでたかという結果そのもを目的としてスピーチする。評価をすてると最大の効果がだせるスピーチができます。

おすすめ記事

PAGE TOP