話し方上達法|話し方教室 東京 話し方でお悩みの方は日本話し方スクールへ

howtotitle

カリキュラム案内/受講料

click

人に伝える話し方

おじぎなどの形式を押しつけられると、感じている気持ちなど内にあるものが止まりますが、自分の感覚で話せる自由を与えられると内にあるものが動いて、気持ちから出た言葉で話すことができますよ。

ila

話し方の上達法
人前で話す実習は、自分を体験しています。自分はどんな声で、どんな言い方で話しているのか。どんな思いをもって、どんな考えをもって何がしたいのか。自分はどんな人間なのか。人前で話す実習によって自分を体験していくと、自分ができることがだんだん見えてきて、自分はこういう人間なんだということを受け入れることができるようになります。うまく話せないときは、自分を受け入れずに話すので誰が話しているのかわからないという印象の話し方だったが、話し方教室に入会して、自分を受け入れて話すようになると、自分が話しているという実感を得て話せるようになります。これが話し方の上達となっています。

自分の気持を人に伝えられるようになりたい!

無料体験のアンケートに「自分の気持を人に伝えられるようになりたい」というのが最近多くなってきました。ヒューマンプレゼンテーションは自分の気持を人に伝えるための話し方です。
形式の話し方は組立思考です。話を組立文章化して話すと、文章の記憶をたどって話すので、自分だけで話していて人に話していません。
ヒューマンプレゼンテーションはポイント思考です。これを話したい(伝えたい)と思う気持をポイントにもってきてそこからイメージを広げて話すと、人に話すように話すことができます。自分の話す感覚を動かして伝えたい思いを人に対して話していくことから始めていきます。

1、気持ちから出た言葉で話せるようになります。


ポイント思考で話せば気持ちで話せます。これを話したいと思う思いをポイントにもってきて、そこからイメージを広げて話せば、話したいと思う気持ちから出た言葉で話せます。組立思考は話を組立文章化して、文章の記憶をたどって話します。文章で話す話し方は、文章を思い出しながら話している感じがする話し方になります。自分の気持ちで話しているという実感をもって話すためにポイントをとらえてポイントで話すことを訓練しています。

2、人前でも対話の感覚で話せるようになります。


人前で話すとき普段の話し方ではなく、もっと上手な話し方をしようとして、自分をちがえていくことが堅苦しい形式で話すかしこまった話し方になっています。ヒューマンプレゼンテーションの話し方は、普段自分が話している普通の話し方で1人ひとりと対話するように話します。まるでマンツーマンで話しているように1対1の対話の連続です。

3、人と向かい合う共有感覚が身につきます。


話し方には、単独感覚と共有感覚があります。単独感覚は、自分だけ上手に話せば人がよく見てくれるだろうという感覚です。共有感覚は、相手と共に有れる姿勢をもってたとえ上手に話せなかったとしても相手に伝えていこうとする話し方です。共有感覚をもって話すことが、声や言い方、表情や体から人に語りかける雰囲気となり、人に伝える話し方となって表現されていきます。