スピーチじゃない! 自分だ!

人前で話すとき、恥をかかないように『上手に話そう』として、頭の中に言葉、文章を組立てから話そうとすると、最初に伝えたかった気持ちが遠くにいってしまい、気持ちを伝えることが出来ずに『何が結局言いたいの?』という聞き手の一番聞きたいことに応えられないスピーチになります。そして人に伝えることができなかった自分に、だんだんと自信が持たなくなり人前で話すことを難しいものにしていると思います。

スピーチじゃない!自分だ!

上手に話すことが目的のスピーチは、どうしてもスピーチ口調で話します。自分の気持ちを伝えることが目的のスピーチは普段自分が話している普通の話し方で一人ひとりと対話するように、自分の前で聞いているのは友だちとか、大切な人が聞いてくれてるんだと考えると自分の気持ちを出しやすくなると思います。
スピーチは話を伝えることから自分を伝えるんだと意識を変えることで、きっとたのしいものになると思います。

 

 

Follow me!